蛇口や水栓の水漏れ

このエントリーを Google ブックマーク に追加
Pocket

蛇口お風呂の水漏れトラブルで最も多いのが、蛇口や水栓部分の水漏れです。パッキンが劣化してしまい縮んでしまったり、切れてしまった事が原因となって水漏れしていたり、ホースやパイプ部分が劣化して切れてしまった為に水漏れでしたり、蛇口や水栓部分のナットやボルトなどのつなぎ目が緩んでいるのも水漏れの原因となります。

パッキンが劣化しているような場合には、パッキンを交換しなければ水漏れは直りません。パッキンは、実際に蛇口や水栓を販売しているメーカーにメールをして譲ってもらう方法や、現物が置いてある販売店などに行って販売してもらうような方法があります。最近ではホームセンターなどにも置いてあることがありますので、そちらで購入して修理している方も増えております。同じくホースやパイプの裂傷による水漏れもパーツを購入することによって修理が可能になります。

どのようなパーツを購入するかは、スマートフォンで破損部分の写真を撮ったり、メーカー名、型番などわかる内容をメモしておいたりするのがとても重要になります。ナットやボルトなどのつなぎ目が緩んでしまっているような場合には、スパナなどで締め直せば水漏れを修理する事が出来ます。最初にナットやボルトを締めてみて、症状が回復しない場合には、パッキンなどの内部パーツの破損を疑うようにしてください。


⇒⇒⇒シャワーの水漏れ